8.意匠権を取得したら

意匠権を取得すると、登録された意匠については、自分だけが実施することができるようになります。つまり、そのデザインの物品を製造したり、販売したり、実際に使用したりすることができるのです。

また、他人に実施権(意匠権者から「使ってもいいですよ」という許可をもらって実施する権利)を設定することもできます。 実施権を設定すれば、実施権者から実施料を得ることもできます。また、もし他人がこの意匠と同じものを勝手に販売などした場合には、これを禁止することができます。例えば、法的に「販売をやめなさい」ということができ、自分が損害を被った場合には、損害賠償を請求することもできます。

さらに、意匠権は、登録された意匠だけでなく、これに類似する意匠についても、他人の勝手な実施を排除することができます。たとえば、登録された意匠の一部をわずかに変えて販売をしている者に対しても、前述と同様に対応することができます。

ただし、類似であるか否かの判断は難しいため、まずは専門家に相談することをお勧めします。