6.警告状がきた!

あなたは「Tシャツ」にオリジナルの動物のデザインをプリントして販売していたところ、突然知らない会社Aの名前で、「警告状」なるものが届きました。警告状には、「販売しているTシャツは我々の意匠権を侵害しているため、すぐに販売を停止するか、使用料を支払え」という旨が記載されていました。

このような場合、どのように対応するべきでしょうか?
もし、この警告状を無視していると、あなたは、A社によって意匠権侵害として訴えられ、場合によっては大きな損害賠償を負うことになるかもしれません。

警告状が届いた場合には、まず弁理士にご相談ください。本当にA社の意匠権を侵害しているのか、本当にA社の意匠権は有効なのかなどを検討する必要があるためです。