9.侵害訴訟における先使用権の主張

意匠権を有する者から、自分の販売する製品について侵害訴訟を提起された場合でも、所定の条件を満たせば、先使用権 を主張することができます。

先使用権とは、簡単に述べますと、意匠権者の意匠登録出願時に、その意匠と類似するような製品を日本国内で製造販売等を行っているか、またはこの準備を行っている者は、その事業の範囲内で、引き続きその事業を継続することができるというものです。この場合、当然ながら、自分の実施している製品については、意匠権者の意匠を知らないでデザインしていることが必要です。

先使用権が認められれば、意匠権者から権利行使を受けることはありませんが、先使用権が認められるための条件は、少しややこしいので、警告書などを受け取った場合には、弁理士等にご相談ください。